ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

世界は繋がっています

木曜日にはココアを
青山 美智子 (著)

 

f:id:happysmilekun:20180508172835j:plain


登場人物に

悪い人が一人も出てきません。

 

ほっこり、ゆっくり、

安心して読める一冊。

 

著者の青山さんが

スピリチュアルの世界を

理解されている方だという感じがしました。

 

そういう空気感が背景にジワリと流れています。

 

オススメ!

 

広告を非表示にする

野生の薔薇

ここは石垣島

 

本州では

 

お見かけしない綺麗なお花が

 

農道脇に咲いていました。

 

f:id:happysmilekun:20180430155837j:plain

 

 

名前は分からないのですが、

 

棘があるので

 

バラ科だと思われます。

広告を非表示にする

これは、もう一冊買いましょう…と思った本

17年前
ふと、本屋さんで気になって手に取った本が
浅見帆帆子さんのデビュー作
「あなたは絶対!運がいい」でした。

 

まだ
引き寄せの法則について
まったく知らなかった若かりし頃の私は、


浅見さんみたいに
「願ったモノゴトがすんなり手に入る人」って


すごいな〜
憧れるな〜
私もそんな力を身に付けたいな〜
でも、難しそうだな〜


と、


まるで、魔法使いを見て
ただただ憧れ、驚いている…そんなレベルでした。

 

 

あの日から
もう17年もたったのですね〜

 

 

浅見帆帆子さんがこの3月、


「あなたは絶対!
運がいい3 誰でも思い通りの人生を生きている」

f:id:happysmilekun:20180422204702j:plain

を出されました。

 

ご本人も、初期の頃よりも
引き寄せの法則」についての理解度が倍増していると
書かれているのですが、

 

仰るとおり
内容が深まっていて、素晴らしいです。
本当に感動したし、参考になりました。

 

 

「私のあり方が間違っていた…」と
たくさん、気づかされました。

 

本を読みながら、赤ペンでグリグリ印を入れたい!
「これ、大事だ!」
「ここが間違っているから私はうまくいかないのだ!」と
ハッとするポイントが満載です。

 

 

赤ペンでグリグリ印を入れながら読むために
明日、もう一冊買ってきます。

超!オススメ!

広告を非表示にする

自分のペースで生きていい。と教えてくれる人

久しぶりに槇原敬之さんのDVD を観ました。


LIVE DVD SYMPHONY ORCHESTRA
『“cELEBRATION 2010”~Sing Out Gleefully!~』
槇原敬之

 

f:id:happysmilekun:20180405134437j:plain


槇原敬之さんの歌詞は

 

「人と比べることなく」

「人と競うことなく」

「自分のペースで自分を生きよう!」

 

というテーマが

よく歌われていて、

元気をもらうことができます。

 

 

それから、

 

何であれ、

自分の言いたいことを伝える時に

槇原敬之さんのように

歌に乗せて伝えられたり

上手にユーモアにくるんで伝えられたら

いいな〜と…

 

そんなところも参考にしたい、

尊敬する人物の一人。

 

それが私にとっての

槇原敬之さんなのだな〜

 

 

再確認できたので

ブログに刻んでおきます。

 

 

今日、心に響いた歌詞は…

 

 

 

Turtle Walk 

作詞 作曲 ;槇原敬之

 

うしろから君が見たときに
僕の背中だとわかるように

あの時から僕はもうこれ以上誰とも
競い合うことはやめようと心に決めたんだ
手にした一番より僕がほしかったのは
諦めなかった強い心だと気付いたから

さぼって負けたウサギを笑うような
恥ずかしいことをするよりも
こつこつ歩く亀になって
正直に笑っていたい

※I'm gonna keep on walkin'
just like a turtle.
目の前に続く道を
僕らしく歩いて行く
うしろから君が見たときにも
僕の背中だとわかるように※

見た目は同じ道を歩いていたとしても
人はそれぞれ心が向かう場所を目指すんだ
誰かと競争をして無理に走ったとしても
疲れてしまうだけさ これはレースじゃない

さぼって負けたウサギを笑っている
暇なんてあるはずないくらい
こつこつ歩く亀になるのは
本当に本当に難しいけど

(※くり返し)

I'm gonna keep on walkin'
just like a turtle.
目の前の道を僕は
僕らしく歩き続けたい
うしろから君が見たときにも
僕の背中だとわかるように

僕の背中だとわかるように

広告を非表示にする

頭で理解していても、実践するのが難しい…「クヨクヨしない」ということ。

オススメの本をご紹介します。

 

 

憎まない
「おかげさま」と「憎まない」
たった2つの日本語で幸運を呼び込んだペルシア人のお話


マスウド・ソバハニ (著)

 

f:id:happysmilekun:20180330202945j:plain


私はいま、
石垣島に住んでいます。

 

先日、
ちょっとしたご縁で
この本の著者、
ソバハニさんとお会いし、
手作りのおいしいイラン料理をご馳走になりました。

 

この本のなかから、
今の私の状況と重なって
心に沁みた部分を
一部ご紹介します。


※※※※※※(「憎まない」より抜粋)※※※※※

 

「失敗したこと」とは「もう終わったこと」です。
考えすぎると、落ち込むからもっとダメになります。
結果が出てしまったことはもうしょうがない、ですよね。
失敗は悪いことではありません。
そこから立ち直れないことがいちばんいけないのです。
だからクヨクヨしません。
(中略)
私は腹を立てていても二、三分ですぐ忘れます。
車のシフトみたいに、ニュートラルに戻れるのです。
忘れるからニュー.ボーン、
新しく生まれて前に進めます。
いったん停止して、ニュートラルからまたギアを入れて
再スタートです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

広告を非表示にする

余裕

自分の心の状態

 

今の在り方を

 

自覚していないと

 

ついつい

 

 

 

焦っている

 

時間に追われている

 

他人の出来ていない点を責めている

 

 

 

 

また

 

自分のダメ出しして

 

イライラ…

 

 

 

 

 

あかん

 

あかん…

 

 

 

もうちょっと

 

ゆっくり生きよう。

 

 

 

そんなことを思いながら

 

図書館をウロウロしていたら

 

出逢った言葉が

 

「余裕」。

 

 

 

余裕…

 

このふた文字を

 

心に刻んでいる今日このごろ。

 

 

 

 

 

 

人生、余裕で生きる極意: 今日から「心の達人」になれる本 


武田 双雲 (著)

 

 

f:id:happysmilekun:20180320110541j:plain

広告を非表示にする