ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

本質を問い、描く作品。

遠縁の女
青山 文平 (著)

f:id:happysmilekun:20170618184124j:plain


久しぶりに

自分の感性とピッタリ合う作家さんに

出会えた気分です。

著者、青山文平さんが

「大事にしていること」

「人間にとって本当に大切だと思うこと」

「本質的なものごととは何か?」

それらを問い、

伝えようとされている姿勢が

感じられます。

小説の中に込められた

作者のメッセージがグイグイ伝わってきます。

文章のリズム感も

ワタシ好みでした。

超!オススメ!

広告を非表示にする

安心して読める作家。小川糸さん

ツバキ文具店
小川 糸 (著)

f:id:happysmilekun:20170618183201j:plain


小川糸さんの作品はどれも

あたたかく

ほっこりしていて

ゆるやかな時間が流れ

優しい感情にあふれています。

2017年本屋大賞となった作品。

オススメ!

広告を非表示にする

世界と踊るオトコ

世界よ踊れ

歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)
ナオト・インティライミ (著)

f:id:happysmilekun:20170530072541j:plain

歌とサッカーとポジティブな心で

 

世界を旅するスゴイ人。

 

ナオトさん。

 

純粋な日本人だとおっしゃるが

 

ラテンの血が流れているはず…

 

もしくは、前世がラテン系?

 

 

気合十分で世界を旅しています。

広告を非表示にする

大事なのはリズム感。

みみずくは黄昏に飛びたつ
川上 未映子 (著), 村上 春樹 (著)

 

f:id:happysmilekun:20170530071350j:plain


個人的に

 

村上さんも川上さんも

 

大好きな作家さんです。

 

特に、村上さんの書かれるものは、

 

どれもリズム感の良さが

 

とても好き。

 

この本の中に、

 

『リズム感を大事にしている』

 

という言葉があり

 

納得!

広告を非表示にする

サラッと読めてオススメ。

縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
三好 昌子 (著)

 

f:id:happysmilekun:20170530070720j:plain

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】

です。

ミステリーというよりも、

小説として気楽に楽しめた作品でした。


ーーー以下、Amazonサイトより転載ーーー

内容(「BOOK」データベースより)
「縁見屋の娘は祟りつき。男児を産まず二十六歳で死ぬ」―江戸時代、京で口入業を営む「縁見屋」の一人娘のお輪は、母、祖母、曾祖母がみな二十六歳で亡くなったという「悪縁」を知り、自らの行く末を案じる。謎めく修行者・帰燕は、秘術を用いて悪縁を祓えるというが…。縁見屋の歴史と四代にわたる呪縛、そして帰燕の正体。息を呑む真実がすべてを繋ぎ、やがて京全土を巻き込んでいく。

広告を非表示にする

病気を癒すテクニック

「光の手による量子のヒーリング」ドリームヒーラー (超知ライブラリー)
アダム (著), ケイ・ミズモリ (監修), 杉本 詠美 (翻訳)

 

f:id:happysmilekun:20170516103355j:plain

〔自分癒し/病気癒しの実践テクニック〕 ドリームヒーラー2 (超知ライブラリー)
アダム (著), よしだえみこ (翻訳)

 

f:id:happysmilekun:20170516103409j:plain

 

「視覚化」;それが叶ったときの様子をリアルにイメージすること。

 

これは、

引き寄せの法則」などでも

よく言われていることですね。

 


この本の著者、アダムは

視覚化によって病気や怪我を治してしまうヒーラーさん。

幼い頃から周りの人のオーラが見えすぎて

大変だったそうです!

 

 

アダムのように特別な能力がなくても

「視覚化」を練習すれば

自分や他の人を癒すことができるという

手法が掲載されています。

 

 

病気を癒すだけでなく、

あらゆる物事の「引き寄せ」にも使える手法だと思いました。

 


興味のある方は2冊続けて読んでみてくださいね。

 

広告を非表示にする

メッチャ嬉しい!ありがとー!

前回の記事で書いているとおり

 

石垣島に移住してから

 

自主的に浜のゴミ掃除をしていまして

 

一年が過ぎました。

 

f:id:happysmilekun:20170514143032j:plain

 

いつも一人、マイペースでやっているのですが、

 

最近、

 

「手伝いましょうか」

 

と言って

 

ゴミが詰まった袋を半分持ってくださったり、

 

「いま自分の足元にあるゴミだけ少し拾います」と言って

 

立ち上がってゴミ袋に入れてくださったり、

 

少しづつ声を掛けてくれる人が出て来ました。

 

そのことが、もう、メッチャ!嬉しくて!

 

f:id:happysmilekun:20170514143122j:plain

 

ほんの小さなことだけど、

 

ありがたいなー!うれしいなー!と思う

 

今日この頃なのです。

広告を非表示にする