読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

病気を癒すテクニック

「光の手による量子のヒーリング」ドリームヒーラー (超知ライブラリー)
アダム (著), ケイ・ミズモリ (監修), 杉本 詠美 (翻訳)

 

f:id:happysmilekun:20170516103355j:plain

〔自分癒し/病気癒しの実践テクニック〕 ドリームヒーラー2 (超知ライブラリー)
アダム (著), よしだえみこ (翻訳)

 

f:id:happysmilekun:20170516103409j:plain

 

「視覚化」;それが叶ったときの様子をリアルにイメージすること。

 

これは、

引き寄せの法則」などでも

よく言われていることですね。

 


この本の著者、アダムは

視覚化によって病気や怪我を治してしまうヒーラーさん。

幼い頃から周りの人のオーラが見えすぎて

大変だったそうです!

 

 

アダムのように特別な能力がなくても

「視覚化」を練習すれば

自分や他の人を癒すことができるという

手法が掲載されています。

 

 

病気を癒すだけでなく、

あらゆる物事の「引き寄せ」にも使える手法だと思いました。

 


興味のある方は2冊続けて読んでみてくださいね。

 

広告を非表示にする

メッチャ嬉しい!ありがとー!

前回の記事で書いているとおり

 

石垣島に移住してから

 

自主的に浜のゴミ掃除をしていまして

 

一年が過ぎました。

 

f:id:happysmilekun:20170514143032j:plain

 

いつも一人、マイペースでやっているのですが、

 

最近、

 

「手伝いましょうか」

 

と言って

 

ゴミが詰まった袋を半分持ってくださったり、

 

「いま自分の足元にあるゴミだけ少し拾います」と言って

 

立ち上がってゴミ袋に入れてくださったり、

 

少しづつ声を掛けてくれる人が出て来ました。

 

そのことが、もう、メッチャ!嬉しくて!

 

f:id:happysmilekun:20170514143122j:plain

 

ほんの小さなことだけど、

 

ありがたいなー!うれしいなー!と思う

 

今日この頃なのです。

広告を非表示にする

碧い海をいつまでも!

石垣島に移住して

 

一年がたちました。

 

石垣島の海はいつ見てもコバルトブルーで

 

素敵です。

 

f:id:happysmilekun:20170419100605j:plain

 

でも、でも、でも…

 

ビーチに出てみると

 

ウギャー!

 

f:id:happysmilekun:20170419100750j:plain

 

ごみ、ゴミ、ごみ、ゴミ …

 

そうなんです。

 

漂流ゴミがひどすぎ…

 

しかも誰も掃除する気配がない…

 

ということで一年前から自主的にビーチのゴミ掃除を始めました。

 

なかなかやり甲斐アリでございます。

広告を非表示にする

ダイエットが目的ではなかったから

この本

f:id:happysmilekun:20170415100031j:plain


不食実践ノート―食べずに暮らす人たちの記録
山田 鷹夫 (著)

 

この本を読んで、

微食(なるべく食べない)に変えたところ

 

体重が20日で5キロ減り、

だるい、重い、動きにくかった身体が

動きやすい身体に変わってきました!

 

私は、菓子パン、スイーツ、コーヒーなどが大好きでやめられず、

今までダイエットがうまくいったことがなかったので

自分でも驚いています。

 

しかも、継続中で、これを辞めたいと思わなくなっています。

 

私が珍しくうまくいったのは何故か?

 

それは

「ダイエットが目的ではなかった」からだと思います。

 

この本は、

 

食べないで腸をきれいにすることで

五感が敏感になることや

 

人として大切なことが分かってくるというような

本質的なことが語られています。

 

超!オススメ!

 

広告を非表示にする

雨にも負けず

イーハトーブの幽霊 (光文社文庫)
内田 康夫 (著)

 

f:id:happysmilekun:20170401060352j:plain

懐かしい作品です。
テレビドラマにもなった浅見光彦シリーズの一編。

内田康夫さんの作品は、
トーリーが分かりやすいのと、
各地の文化や伝承に触れることができて
素直に楽しめます。

この小説『イーハトーブの幽霊』では、
宮沢賢治の詩『雨ニモマケズ』が引用されています。

この詩にも久しぶりに対面しましたが、
改めて、素晴らしい詩だと感動。

内田康夫さんもその文中で

『ジブンヲカンジョウニ入レズニ』
と、
『ミンナニデクノボートヨバレ』
の二点を素晴らしいと評されています。

 

噛めば噛むほど味わい深い詩ですね。

 

 


雨ニモマケズ
宮澤賢治


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ陰ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

広告を非表示にする

「本当に大切なもの」を問う一冊。

一分間だけ (宝島社文庫
原田 マハ (著)

 

f:id:happysmilekun:20170308082431j:plain

 

この表紙を見ただけで

 

「泣ける話だ…」と分かりますね…。

 

原田マハさんはいつもどおり

 

「何が本質か?」を描いていらっしゃいます。

 

超!オススメ!

広告を非表示にする

何を食べるか、食べないか。

2月中旬にインフルエンザにかかり、

 

改めて食生活を見直そうと

 

心に決めた今日この頃です。

 

 

 

何を食べるか、食べないか…

 

この本をヒントにさせていただきましたよ。

 

 

 

f:id:happysmilekun:20170227141917j:plain

美人はコレを食べている。~食べるほど綺麗になる食事法
木下 あおい (著)

広告を非表示にする