ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

お金とは何か。仕事とは何か。

お金とは

 

仕事とは

 

お金や地位を獲得することによって

 

私たちが陥りやすい過ちとは

 

 

 

分かっているようで

 

うまく説明できなかった

 

お金とは何か。

 

仕事とは何か。

 

私たちは

 

どう生きるのか

 

 

 

 

自分自身が

 

現在の社会に対して

 

モヤモヤと感じていることを

 

著者の稲垣さんに

 

整理していただいた気分。

 

 

 

 

理論的に

 

解説していただけ、

 

スッキリしました。

 

 

 

ユーモアもあり

 

読みやすい文章。

 

 

サラリと読めるのに

 

笑えて

 

深い!

 

 

 

超!おススメ。

 

f:id:happysmilekun:20181113090057j:plain

 

魂の退社

稲垣 えみ子 (著)

何があっても和やかに

 

石垣島では

熱気ムンムンの暑さも落ち着き、

急に涼しくなってまいりました。

 

涼しくなるのは良いのですが

風邪気味の方が

増えてくる季節でもあります。

 

 

 

先日、歯医者さんに行きましたら

担当の歯科衛生士さんが

お風邪を召されており

 

彼女の風邪菌を

しっかりもらって帰って来ました。

 

この土日は

微熱で苦しんでおりました

 

 

しかし、

スピリチュアル的に言えば、

自分に見せられていることは

全て自分の責任であり、

必然。

とのこと。

 

季節のせいでも

周囲の人のせいでもなく

今の自分が

「風邪をもらってしまう状態」なのですよね。

 

だから、今一度

最近の自分の在り方を振り返ってみました。

 

すると、

「最近、イライラしていたなあ」ということに

思い当たりました。

 

私が風邪を引くときは、

イライラしている時だということは

もう永年の経験から実証済みです。

「イライラしてはいけない」と頭では分かっているのです。

 

分かっているのに、

ついつい、三次元的、目に見える次元に反応して

イライラしてしまうのです。

 

 

「分かっているなら、もうそろそろやめようよ」という

身体からのメッセージ。

それが今回の風邪だったと

自己分析しています。

 

そこで、

週明けの今日、月曜日は、

「ゆっくり。おだやかに。なごやかに」を

いつもより意識して行動してみました。

 

すると、

車を運転しているとき、道を譲ってもらえたり

逆に、道を譲ってあげたら

ハザードを5回点灯させてくれるおじさんがいたり

 

イライラして運転している時は、

マナーの悪い運転や

妙にゆっくりなのに道を譲ってくれない人や

危ない割り込みや

突然に飛び出してきるネコちゃんや

そういうものを頻繁に目にして

余計にイライラしていました。

 

でも、

ゆっくり。おだやかに。なごやかに

と思って落ち着いて運転していると

先ほどの5回のハザードが

「あ.り.が.と.う」

のサインに見えるから不思議です!

(この場合、ア.イ.シ.テ.ルのサインではないですね

 

 

本当に、

目の前で展開されていることは

全て、自分の責任だし、

心の持ち方次第で

見える世界が変わるということですね。

 

いつも、どこでも、何があっても

なごやかに。やさしく。清らかな状態を

意識する。

 

このことを

忘れないようにしようと

再び決意した

風邪ひきの数日間でした。

 

 

どうせうまくいくから

なにげない時に

 

ふと

 

目についた言葉が

 

「今の自分にピッタリのメッセージだ~!」

 

という時

 

 

 

ありませんか?

 

 

 

 

先日、

 

本屋さんで

 

本の帯に

 

記載されていた言葉に

 

ハッとしました。

 

 

 

 

 

どうでもいい

 

どっちでもいい

 

どうせうまくいくから

 

 

 

 

 

斎藤一人さんの言葉は

 

シンプルで

 

笑えて

 

深いです

 

 

f:id:happysmilekun:20181006171623j:plain

 

斎藤一人 神はからい 

(すべての出来事に隠された本当の意味) 

斎藤一人 (著),

みっちゃん先生 (著)

大坂なおみ選手の言葉

先日の

 

全米オープンテニスで

 

チャンピオンとなられた

 

大坂なおみ選手の

 

話題を見ていて

 

素晴らしい!と

 

思った言葉

 

 

 

それは、

 

ヒップホップの歌詞で最近覚えた言葉

 

として

 

紹介されていました。

 

 

 

やりたくないことやってる暇はねえ

 

 

 

説得力2000パーセント!

 

カッコイイ!

いつまでも歌ってほしい

先日、徳永英明さんが

軽い脳梗塞で病院に運ばれ

というニュースを目にしました。

 

今日、久しぶりに

徳永英明さんのCDを聴いてみたら

 

めっちゃ良かった

 

 

f:id:happysmilekun:20180912173735j:plain

 

SINGLES BEST

徳永英明

 

 

 

 

泣けました。

 

 

歌い方や声に

 

「哀しみ」

 

のようなオーラが表現されていて

 

心に沁みます

 

いつまでも歌っていてほしい

素晴らしい歌手の一人です。

 

 

どうぞ

ゆっくり、しっかり、

体調を回復されますよう。

 

祈りしております。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

最後の言い訳

 

 

作詞:麻生圭子

作曲:徳永英明

 

寝たふりがこんなに つらいことだとは

今落ちた滴は 涙だね

そして君が出て行く 夜明けを待って

暗闇が怖い君のことだから

 

いちばん大事なものが いちばん遠くへいくよ

こんなに覚えた君の すべてが思い出になる※

 

誰からも 君なら 好かれる と思う

心配はいらない 寂しいよ

無理に僕のためだと さよならの理由

思ってる君だからせつなくて

 

△いちばん近くにいても いちばん判り合えない

こんなに愛した僕の すべてが言い訳になる△

 

(くり返し)

 

すべてが思い出に

 

(△くり返し)

 

いちばん大事なものが いちばん遠くへいくよ

いちばん近くにいても いちばん判り合えない

いちばん大事なものが いちばん遠くへいくよ

ブログサーフィンにてシンクロ

私が個人的に

 

購読させていただいているブログを

 

読んでいましたら…

 

 

 

下記のお二人の内容がシンクロしていまして、

 

今の私にとって

 

とても大事なメッセージでしたので

 

リンクさせていただきます。

 

 

その人と出会う縁は何が作ってる? | 浅見帆帆子オフィシャルブログ「あなたは絶対!運がいい」Powered by Ameba

 

 

人生一瞬先は・・・面白い^0^ | ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

 

光を遮っていたのは自分の手だった

最近読んだ

 

何冊かの本に

 

 

 

「瞑想」

 

 

 

というキーワードが

 

何度も出てきて

 

気になりました。

 

 

 

そこで、

 

自己流ですが

 

瞑想を

 

やり始めています。

 

 

 

有難いことに

 

いま、石垣島という

 

素晴らしい自然に囲まれた場所に

 

住まわせていただいているので

 

浜辺で瞑想をしています。

 

 

f:id:happysmilekun:20180905082547j:plain

 

瞑想した結果

 

 

 

 

すごくいいです。

 

 

 

 

私にとっての

 

瞑想とは、

 

 

 

 

 

無自覚に

 

心の中にたまっていたゴミを

 

掃除し

 

浄化し

 

綺麗になったところで

 

新しく

 

美しい宇宙の光を入れる

 

 

 

そんなイメージです。

 

 

 

 

今朝、ぼうっとしていたとき

 

 

そういえば

 

槇原敬之くんが

 

 

「光を遮っていたのは自分の手だった

 

 

 

歌っていたなあ~

 

ということを

 

思い出しました。

 

 

 

その歌詞を

 

記しておきます。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

「優しい歌が歌えない」

 

 

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

 

 

 

抱えた苦しみは誰のせいと

人をひどく責める的はずれを

何度も何度も繰りかえして

苦しみは前より増えるばかり

 

同じページを捲りすぎた

本のように日々はすり切れて

自分の中を見る以外に

もう術はなくなってしまってた

 

そこで僕は確かに見たんだ

総てを人のせいにして

だれでも平気で傷つけるような

もうひとりの自分が

こころの中で暴れながら

僕をぼろぼろにするのを

 

はじめてのぞいた心の中は

見たこともない暗闇で

僕はとても怖くなって

何度も足がすくんだ

 

夏に間に合うように木の葉は

日陰を作ろうと大きくなり

木の葉曇る小さな陰を

愚か者にも分けてくれる

 

責めるつもりなど無いというように

葉音の歌を歌ってくれる

人に生まれたはずの僕は優しい

歌の一つもうたえない

 

たとえ何か出来なくたっていい

せめてこれから生きるときに

同じような事を繰り返して

誰かをまた傷つけぬよう

こころの中をどんなときも

見つめられる強い自分になりたい

 

はじめてのぞいた心の中が

あんな闇に包まれていたのは

自分をかばう僕の手が

光を遮っていたからだ

 

この気持ちさえ身勝手な

想いと今は解るけど

本当にすまないことをしたと

今すぐ謝りに行きたい

 

木の葉曇る背中を押すように

突然強い風が吹いて

立ち上がると僕の行く

5月の道が光っていた

 

優しい歌が僕にも

歌えそうだ