ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

石垣島の野草

世界は繋がっています

木曜日にはココアを青山 美智子 (著) 登場人物に 悪い人が一人も出てきません。 ほっこり、ゆっくり、 安心して読める一冊。 著者の青山さんが スピリチュアルの世界を 理解されている方だという感じがしました。 そういう空気感が背景にジワリと流れていま…

野生の薔薇

ここは石垣島。 本州では お見かけしない綺麗なお花が 農道脇に咲いていました。 名前は分からないのですが、 棘があるので バラ科だと思われます。

これは、もう一冊買いましょう…と思った本

17年前ふと、本屋さんで気になって手に取った本が浅見帆帆子さんのデビュー作「あなたは絶対!運がいい」でした。 まだ引き寄せの法則についてまったく知らなかった若かりし頃の私は、 浅見さんみたいに「願ったモノゴトがすんなり手に入る人」って すごいな…

自分のペースで生きていい。と教えてくれる人

久しぶりに槇原敬之さんのDVD を観ました。 LIVE DVD SYMPHONY ORCHESTRA『“cELEBRATION 2010”~Sing Out Gleefully!~』槇原敬之 槇原敬之さんの歌詞は 「人と比べることなく」 「人と競うことなく」 「自分のペースで自分を生きよう!」 というテーマが よく…

頭で理解していても、実践するのが難しい…「クヨクヨしない」ということ。

オススメの本をご紹介します。 憎まない「おかげさま」と「憎まない」たった2つの日本語で幸運を呼び込んだペルシア人のお話 マスウド・ソバハニ (著) 私はいま、石垣島に住んでいます。 先日、ちょっとしたご縁でこの本の著者、ソバハニさんとお会いし、手…

余裕

自分の心の状態 今の在り方を 自覚していないと ついつい 焦っている 時間に追われている 他人の出来ていない点を責めている また 自分のダメ出しして イライラ… あかん あかん… もうちょっと ゆっくり生きよう。 そんなことを思いながら 図書館をウロウロし…

虹のかけら

犬の散歩をしながら 空を見上げていたら 小さい虹? 虹のような光が 出ていました。

久々の青空

今日の石垣島。 最高気温は25度。 どおりで 汗ばむ陽気でした。

ガネーシャのしわざ?

昨日の出来事。何だか不思議でした。 自分の思ったことが速攻で現実になるということがありまして。 「心の中で思った」→速攻→「はい、これ」と提示されたような感じ。 過去と未来が錯綜したような妙な感じ。 自分の記録のためにもブログに書き留めておきま…

本質を知りたい方にオススメの二冊

タオ・コード老子の暗号が語り出す性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫) 千賀 一生 (著) 超愛 性器なんて使わない(三五館)山田 鷹夫 (著) この二冊、作者さんも内容も違うのに、結果的に共通の話題が語られています。 千賀さんは、老子のタオについ…

ただただ感謝の風景

石垣島に来られたら 空をたくさん 見てください。

文体にハマっています

風花 川上 弘美 (著) 個人的に 川上弘美さんの文体が大好きです。 どの作品もハズレなし。 ハマっています。 オススメ!

一本筋の通った女性は美しい。

花になるらん: 明治おんな繁盛記玉岡 かおる (著) こちらも女性にオススメの一冊です。 以下、Amazonサイトより抜粋 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)京都の呉服商・高倉屋の娘みやびは、智恵も回るし手も早い。ご寮人さんとなってからは…

女性にオススメの一冊

つぼみ宮下 奈都 (著) 初めて読んだ宮下奈都さんの作品。 どれもこれも 素敵でした。 文体も読みやすく 宮下ワールドに引き込まれましたよ〜 オススメ!

科学的に計測できないからこそ。

気の発見 五木 寛之 (著), 望月 勇 (著) 五木寛之さん曰く、 「気」というものは 「愛」と同じように 科学で証明できないし、 数値で表すことができない。 科学的に計測できないというところに 意義がある。 …という冒頭の文章から大共感! 「気」について対…

15歳の正義感

MM 市川 拓司 (著) 主人公は15歳だし、 サラリと読める文体です。 中高生にオススメです。 私が文中で特に共感した部分を下記に抜粋します。 ☆☆☆☆☆☆☆ 268ページより抜粋 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ いまの世界は、なんでこんななのか? 誰がこんな世界を作ったのか。 「ず…

勉強の仕方は人ぞれぞれでいい。

見てる、知ってる、考えてる中島芭旺 (著) 彼は 学校に行かずに 自宅で 自分のやり方で 勉強をしているそうです。 興味のある講演を聞きにいくなど、 共感できる人から学んでいるのですね。 良い言葉を使う大人。 良い考えを伝えている大人。 本質を生きてい…

その在り方に共感!

絶望している暇はない「左手のピアニスト」の超前向き思考舘野 泉 (著) このブログのテーマ、 『人生を笑って生きるにはどうしたら?』 …その答えがこの本に凝縮されていると 感じました。 『常識を生きるのではなく、自分を生きる』 ということを 実践され…

植物状態から目覚めた少年

ゴースト・ボーイマーティン・ピストリウス (著) 意識も感情も想いもある。 なのに、伝えられない… 植物状態から覚醒した 彼の壮絶な人生から 気づかされることがたくさんあります。 オススメ。 以下、amazonサイトより抜粋 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★…

読書介助犬のおはなし

わたしのそばできいていてリサ・パップ (著), 菊田 まりこ (翻訳) 大人にもオススメの絵本。 以下、「amazon商品紹介」より抜粋します。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ できないこと・まちがえることがこわい、すべての子たちに 図書館でであった…

私たちはどう育てられてきたか。

デンマークの親は子どもを褒めない 世界一幸せな国が実践する「折れない」子どもの育て方 ジェシカ・ジョエル・アレキサンダー (著), 鹿田 昌美 (翻訳) 現在、子育て中のかたや 教育業界の方だけでなく 多くの方にご一読いただきたい一冊。 なぜなら、 今、…

美しい一冊。

Little Ternブルック ニューマン (著), リサ ダークス (イラスト) 急に飛べなくなった鳥のお話。 身体のどこにも悪いところは見当たらず、 飛べない理由は心の中にあると自己分析する鳥… 翻訳は五木寛之さん。 イラストも素敵です。 オススメ。

問題は見た目ではなく、心の中にある。

顔ニモマケズ どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語水野 敬也 (著) 「夢をかなえるゾウ」で有名な 水野敬也さんが 生まれつきの障がいや 病気などで 見た目に悩みを抱えておられる 9人の人々にインタビューされています。 どの人も 深く…

今、考えたい人類のテーマ

インフェルノ (角川文庫) ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳) ダン.ブラウンの著書は、 小説として楽しめるだけでなく、 人口増大による地球環境の危機や 科学の発達と遺伝子操作の危険性など 大きなテーマを問題提起しています。 ぜひ、ご一読ください。

本質を問い、描く作品。

遠縁の女青山 文平 (著) 久しぶりに 自分の感性とピッタリ合う作家さんに 出会えた気分です。 著者、青山文平さんが 「大事にしていること」 「人間にとって本当に大切だと思うこと」 「本質的なものごととは何か?」 それらを問い、 伝えようとされている姿…

安心して読める作家。小川糸さん

ツバキ文具店小川 糸 (著) 小川糸さんの作品はどれも あたたかく ほっこりしていて ゆるやかな時間が流れ 優しい感情にあふれています。 2017年本屋大賞となった作品。 オススメ!

世界と踊るオトコ

世界よ踊れ 歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫) ナオト・インティライミ (著) 歌とサッカーとポジティブな心で 世界を旅するスゴイ人。 ナオトさん。 純粋な日本人だとおっしゃるが ラテンの血が流れているはず… もしくは…

大事なのはリズム感。

みみずくは黄昏に飛びたつ川上 未映子 (著), 村上 春樹 (著) 個人的に 村上さんも川上さんも 大好きな作家さんです。 特に、村上さんの書かれるものは、 どれもリズム感の良さが とても好き。 この本の中に、 『リズム感を大事にしている』 という言葉があり…

サラッと読めてオススメ。

縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)三好 昌子 (著) 【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 です。 ミステリーというよりも、 小説として気楽に楽しめた作品でした。 ーーー以下、Amazonサイトより転載ーーー 内容(…