ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

一気読みした一冊。

太陽の棘 (文春文庫) 原田 マハ (著) 美術をテーマにされるときの 原田マハさん。 本質を見極める視点が素晴らしい。 オススメ。

ちょっとした事件を解決。

どちらの本も 日常の風景の中にある ちょっとした事件を解決していきます。 そのやり取りの中に 人や動物の優しさや心模様が見え隠れ。 サラリと読めて、 ホンワカします。 シャルロットの憂鬱近藤 史恵 (著) モップの精は深夜に現れる近藤 史恵 (著)

一人と一匹の絆。

年月日閻連科 (著), 谷川 毅 (翻訳) ひとりの老人と 目が見えない犬が主人公。 一人と一匹の 愛情あふれるやりとりを ぜひ、お読みください。 作中、色彩や音の表現も 独特で、興味深いです。 オススメ。

朝のいろ

朝の空は 美しい絵を描く アーティストのよう。

朝7時の石垣島

もうすぐ太陽が昇ってきます。

人間の目の素晴らしさ

こうして写真を撮ってみると 目で見た景色とは全然違うのです。 本当は、後光が差したような太陽の光が 海に向かっているのですよ〜〜 人間の目って、すごいんですね!

岡山の方言が面白い。

でーれーガールズ 原田 マハ (著) 原田さんの他の作品とは 少し毛色が違っていますが、 岡山の方言が面白い作品。 作中の人物がイキイキと描かれていて、 一気に読めます。 女子高校生にオススメ。

愛犬と海

このところ 肌寒い日々だったので、 海にも行かなかったのですが、 久しぶりに晴れた日曜日、 海で遊んで来ました。

可愛いオレンジ色

植物の名前は全然知らないのですが、 散歩していると 可愛い植物がたくさんある… 石垣島の12月。 写真の右上では、 カラスが二羽。 仲良くしてます。

久しぶりの虹

石垣島は このところ雨が多く、 まるで梅雨のよう。 今朝は久しぶりに晴れて 虹が見られました。

精神世界を分かりやすく。

降参のススメ阿部 敏郎 (著), 雲 黒斎 (著) あの世に聞いた、この世の仕組み雲 黒斎 (著) スピリチャルがお好きな方なら 雲黒斎(うんこくさい)さんの 著書やブログをご存じだと思います。 彼の著書の素晴らしいところは、 分かりにくい精神世界を 色々な例…

大女優が巡礼の旅へ。

カミーノ ― 魂の旅路シャーリー マクレーン (著) この数週間で、 シャーリーの本を続けて色々、読んでみました。 彼女がスピリチャルの世界に入り、 自分自身でどんどん認識を深め、 様々な経験をし、 悟っていく様子がよくわかります。 特に、この本の後半…

お気に入りの樹

金色

小さきものたち

4姉妹?

庭の紅

鳥が美味しそうに食べに来ます。

朝焼け

石垣島の小さな花

心はどこにあるの

翔ぶ少女 (ポプラ文庫)原田 マハ (著) 阪神淡路大震災が背景となって描かれている小説。 原田マハさんの本は、どれも泣けます。 この本は、1ページ目から泣けました。

タネから育てる。

捨てるな、うまいタネ藤田 雅矢 (著) 果物や野菜のタネ。 そう言えば 何も考えずに捨ててました。 育てることができるのですね〜 早速、やってみます。

ココロの眼

デトロイト美術館の奇跡原田 マハ (著) 私が原田マハさんの小説に惹かれる理由は ココロの眼で見ることの大切さが テーマになっているからなんだなーと 気づかせていただいた一冊。 オススメ。

アサガオっぽいけど…

昼間もずっと咲いてました。

月桃

お茶にすると いい香りがします。

石垣島の11月。

ふたたび、暑さが戻ってきました。 石垣島の海。

デカっ

子どもなら 十分、傘になるほど 大きな葉っぱ。

バナナ。

庭に バナナが。

スピリチャル系に入る時の気持ち。

アウト・オン・ア・リム (角川文庫) シャーリー マクレーン (著) スピリチャル系の翻訳で有名な 山川紘矢、亜希子夫妻が 『翻訳して良かった本の一冊』 として、 いつだったか、どこでだったか 忘れましたが… 紹介されていましたので、 遅ればせながら、読ま…

じじこが狙うのは…

庭に遊びに来た 白い鳥。 愛ネコ、じじこが狙っています。

キッズスペースもあるレストラン

石垣島にて 女性に人気のレストラン。 アモーフさん。 https://www.facebook.com/amofu2016/ ワンプレートランチは こんな可愛いメニューでした。 色々な食材が少しづついただけて、 美味しかったです。 キッズスペースもある店内は、 可愛いインテリア。 オ…