ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

人生に「笑顔」と「ココロのタテ軸」を!

4月30日の記事の続きです…

 

大事なのは

「何をしているか」ではなく、

「どう在るか」だ…

 

これに気づいて

「笑顔」と「ココロのタテ軸」を意識するようになったら

私の人生に変化が起こりはじめました

 

ちなみに、

「ココロのタテ軸」という言葉…

私が勝手に

そういう言い方をしているだけなので

意味がわかりにくいですよね

…少々説明しますね

ココロにタテ軸をもって生きるとは

「自分がワクワク、楽しいことを実行すること」

「自分がこれだ!と思うことを極めること」です

 

逆に

「ヨコ軸」とは…

「周りがこうしているから自分もそうしておこう」

「世間の常識がそうだから、深く考えずにそうしよう」

「気持ちは乗らないけれど、親やセンセイの言う通りにしないと…」

というような場面を

私が便宜上、「ヨコ軸」と呼んでいる

…そういう言葉です

 

「ヨコ軸」は

公共の場のマナーを守るときや

社会のなかで周りの人に失礼にならないように…

などの場面では必要ですが

 

私が

声を大にして言いたいことは

「自分の人生を生きる」というときに

「タテ軸」と「ヨコ軸」を混同してはキケン!

ということなのです

 

「自分の人生をどう生きるか」は

自分の中にしか

答えがないこと

親やセンセイや社会の常識とは

「考え方の方向性が違う」事柄になりますよね

 

…この意味、伝わっていますか?

 

ハッピーな成功者たちは

自分の人生を生きることに対して

ある意味、わがままです

 

良い意味でわがまま

 

だから

結果が出せるし

常識に左右されず

いきいき、わくわく自分を生きていけるのです

そういう人たちは

周りに何か言われて落ち込みそうになっても

めげずに継続するパワーもあります

 

だから成功するのですね

 

わたしたち「善良な市民」は

ついつい

周りの顔色を見て

自分の意見を変えたり

親やセンセイの言うことを鵜呑みにして

「本当はどうなのか」

「自分はどうなのか」

を考えることすらしなくなります

 

その結果

がんばっているのに、うまくいかない

他人の顔色ばかり見て、しんどい

自分に自信がない

自分がどうしていいのか分からない

 

…という

昔、私がはまっていた「落とし穴」に

はまりこんでしまうのですね

 

また

長文になりそうです

続きは、次回の記事で

 

★★★★★★★★★★★★★★★

ホームページもご覧ください

http://happysmilekun.jimdo.com/

★★★★★★★★★★★★★★★

広告を非表示にする