ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

たくさん風邪をひいて分かったこと

風邪や
インフルエンザに
かかって休みます…

というセリフを
毎日のように耳にする季節となりました。

 

実は
このわたくしも、昔は

ひと冬に5回も6回も
風邪をひく人でした。


頭痛の風邪が治ったと思ったら
高熱の風邪。
それが治ったと思ったら、
喉がイガイガ…


ありとあらゆる症状で
ティッシュが手放せず

とても
仕事どころではありませんでした。


で…

あるとき、
寝込みながら
ふと考えてみました。

『なぜこんなに風邪をひくのか?』

と…


『風邪をひくとき、自分はどんな状態だったか』

について
客観的に考えてみたのです。


すると

『これかもしれない…』
という答えが出てきました。


それは
私は風邪をひくとき、
いつも

イライラしていたり
とても焦っていたり
誰かに腹をたてていたり

という
精神状態だった…


ということに気がついたのです。


それに気づいてから
試しに
イライラや焦り、怒りなどを感じそうになったら

『あかん、あかん。今日からはもうイライラしない』

『大丈夫。落ち着いて』

などと
自分で自分に言い聞かせ
ココロの色模様を変える努力をしてみました。

すると!

自分でもビックリなのですが
風邪をひく回数が
一気にぐっと減りました。

もちろん
人間ですから、
たまには体調が優れないことはありますが

今では、風邪といっても
年に一回ひくかひかないかという
程度になりました。

オマケに
花粉症も治りました。

チョットした心がけだけで
健康が取り戻せたのです。

 

これに気づくまでの私は、

風邪をひくのは

 

寒かったから…

流行っているから…

新型がどうのこうの…

人混みに行ったから…

など

自分の外側に原因をすり替えてしまっていました。

 

だけど実は、
原因は
外側のことじゃなかった。

ココロのあり方を変えたら
インフルエンザの人にお会いしても
うつることなく過ごせるチカラがつきました。

 

原因は自分の内側にあって、

『気づいてほしいよ〜』

とメッセージを送っていたのではないかと
思うのです。


イヤなことや
キツイことほど、
メッセージであり、
自分の中を見つめるチャンスですね…

キツイですけど…

恩寵です。


全てのことは必然。
変えることができるのは自分だけ。


…本当にそうだと思います。

 

 

 

広告を非表示にする