読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

事件を通し、成長する自閉症の少年のおはなし。

図書館で

タイトルに惹かれ

借りて来たこの本。

 

 

 

夜中に犬に起こった奇妙な事件

f:id:happysmilekun:20151108220936j:plain


マーク ハッドン (著),
森 ヒカリ (イラスト),
小尾 芙佐 (翻訳)

 

面白くて、一気に読み切りました。


イギリスでは

こども向けに出版された後

大きな話題となり、

すぐに大人向けにも出版されたそうです。

 

こどもにもおとなにも

オススメの一冊です。

 

以下、Amazonサイトより抜粋

内容(「BOOK」データベースより)
数学や物理では天才なのに、他人とうまくつきあえない自閉症の少年クリストファー。お母さんを心臓発作で亡くした彼は、お父さんとふたり暮らし。宇宙飛行士が将来の夢だ。ある夜、隣の家の飼い犬が殺された。シャーロック・ホームズが大好きなクリストファーは探偵となって犯人を捜し、その過程を一冊の本にまとめようと心に決める。お父さんは反対するし、人との会話もすごく苦手だし、外を出歩いた経験もほとんどない。でも、彼の決意はゆるがない。たぐいまれな記憶力を使って、クリストファーは調査を進めるが、勇気ある彼がたどり着いたのはあまりに哀しい真実だった…。冒険を通じて成長する少年の心を鮮烈に描き、ウィットブレッド賞ほか数々の文学賞を受賞した話題作。

広告を非表示にする