ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

天の空気が雪になり、地に落ちてくるということ。

本日、

『杞憂』の意味を読む機会がありました。

 

中学時代に教科書で

この故事成語を初めて知った時、

 

 

…杞憂…

中国の杞の国の人が、

天地が崩れて落ちるのを憂えた…

 


って…

 

この杞の国の人、

憂える対象がスケールデカいな〜と

妙なところに

感心したものです。

 


さて、

今、ワタシの住む街では

雪が降り積もっています。

 


雪とは…


ある意味、

『天が降ってきている』

とも言えるかも?

などと、

ワケノワカラナイことを

スノーシューズで

ゆっくり歩きながら考えました。

 


杞の国の人のように

憂えることはないけれど、

 


天が地に落ちてきている…

 


そう思ったら

何だか

地上に居ながら

雲の上にいた空気とともに

いるような…

 


そんな気になって

ウキウキ

うれしくなりました。

 

 

 

 

広告を非表示にする