読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

元アメリカ兵のメッセージ。

ネットサーフィンしていたら

NAVERまとめ』

というサイトで

 

沖縄の辺野古基地建設に反対する

元アメリカ軍兵士の記事に

目が止まりました。

 

彼らのメッセージに共感しましたので、

抜粋し、転載させていただきます。


☆☆☆

『テロとの戦い』というもののためにイラクに派兵されましたが、実際の戦場では、自分自身がイラクの人々にとってのテロだった
出典
琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 退役軍人たちが辺野古で抗議

☆☆☆
「戦争のための基地はいらないと訴えたい。これ以上基地を造る理由は何もない」
出典
琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 退役軍人たちが辺野古で抗議
海兵隊員のマイク・ヘインズさん

☆☆☆
「私は23歳までにイラク・アフガン戦争に派兵されました。どうか現実を見てほしい。中東でISを生んだように、軍隊は平和を築くことはできない。平和を生むのは2つだけ、和解と結束だ」
出典
琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 退役軍人たちが辺野古で抗議
元陸軍兵のウィリアム・グリフィンさん

☆☆☆
ハワイ州の州都ホノルル市の市議会が、1月12日の公聴会で、名護市辺野古の新基地建設に反対する決議案を審議することが15日、分かった。
出典
辺野古反対決議 審議へ ホノルル市議会、計画検証求める - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

☆☆☆
今年2015年9月15日、カリフォルニア州バークレー市の市議会が「沖縄の人々への支援決議」を全会一致で採択しています。
出典
2015/12/15 【IWJブログ】連帯の動きは、止まらない―沖縄県辺野古、米国からの支援 | IWJ Independent Web Journal

 

 

広告を非表示にする