読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

人はなぜ山に登るのか。

一歩を越える勇気

栗城史多 (著)

 

f:id:happysmilekun:20160124110341j:plain


エベレストなど

世界最高峰の山に登る。

それも

無酸素、単独で。

 


登山を全く知らない私には

想像もつかない世界です。

 


正直いうと、

私自身はいま、

『上を目指す。不可能に挑戦する。』

などなど、

『がんばること。努力することが素晴らしい』という

価値観に疑問を抱いている部分があります。

 

この本が、そういった

闇雲にがんばることだけを言っているなら

『自分とは少し考え方が違う』と思ったでしょう。

 

しかし、後半、著者の栗城さんは

『山と闘ってはいけない。人間が自然を制覇しようとしてはいけない。』

とおっしゃいます。

 

『ポジティブなこともネガティブなことも全て受け入れて、

自然と対話しながらでないと、世界の山に登ることなどできない』そうです。

 

私たちが想像する

『挑戦。戦い』などという次元を超えた

『無の世界』に本質を感じておられる。

 

その部分に共感しました。


オススメの一冊です。

 

広告を非表示にする