ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

サラッと読めてオススメ。

縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
三好 昌子 (著)

 

f:id:happysmilekun:20170530070720j:plain

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】

です。

ミステリーというよりも、

小説として気楽に楽しめた作品でした。


ーーー以下、Amazonサイトより転載ーーー

内容(「BOOK」データベースより)
「縁見屋の娘は祟りつき。男児を産まず二十六歳で死ぬ」―江戸時代、京で口入業を営む「縁見屋」の一人娘のお輪は、母、祖母、曾祖母がみな二十六歳で亡くなったという「悪縁」を知り、自らの行く末を案じる。謎めく修行者・帰燕は、秘術を用いて悪縁を祓えるというが…。縁見屋の歴史と四代にわたる呪縛、そして帰燕の正体。息を呑む真実がすべてを繋ぎ、やがて京全土を巻き込んでいく。

広告を非表示にする