ハッピースマイルの日記

「人生を笑って生きるためには、どうしたら?」と考えていたら、大事なことが見えてきました。

植物状態から目覚めた少年

ゴースト・ボーイ
マーティン・ピストリウス (著)

 

f:id:happysmilekun:20170910191702j:plain

 

意識も感情も想いもある。

 

なのに、伝えられない…

 

植物状態から覚醒した

 

彼の壮絶な人生から

 

気づかされることがたくさんあります。

 

オススメ。

 

 

 

以下、amazonサイトより抜粋

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

フジテレビ「奇跡体験! アンビリバボー」で紹介された、感動の自叙伝。

 

1988年、12歳のマーティン・ピストリウスは原因不明の病気になった。

18ヵ月後には口もきけず、車椅子に座らされていた。


医師たちは両親に告げた。

退行性の未知の病で、彼の心は赤ん坊に戻ってしまった、と。

誰も知らなかったのは、身体こそ無反応だったけれど、

マーティンの心はゆっくりと目覚めていたこと。

でも、それを伝えるすべがなかったこと。


10年たった頃、あるセラピストが気づいた。

マーティンの一部が目覚めていると。

そして両親も、息子の知性が少しも損なわれていないと知った。

病に倒れる前の記憶がないマーティンは、車椅子に座り、話すこともできない。

しかし、コンピューター分野で素晴らしい才能を発揮。

あらゆる困難を乗り越えて恋に落ち、結婚し、ウェブデザイン事業を立ち上げる。

 

『ゴースト・ボーイ』は、再生と愛の力を描いた、深く胸を打つ実話。

彼の途方もない物語は、私たちに、人生を大切にすることを教えてくれる。

広告を非表示にする